しつけと罰の違いを子どもはちゃんとわかります

毎日のようにニュースで知らされる、しつけで亡くなる子供たち、あの子供たちの親が「しつけ」と言い訳する行為はただの虐待です。

食事をこぼしたから、排泄でそそうをしたから、子供であれば当たり前にする失敗に対して罰を与えたのです。

それも決して子供のためではなく、失敗を片付ける、掃除するのが面倒でカッとなり、手を上げました。

子供にとって大人は大きくて怖い存在です。

その怖い人に「お前が悪いことをしたから罰を与える」と言われ続け、自分は駄目な人間だ、罰を与えられて当たり前だと思わせられます。

だから、子供は他の大人に訴えることも相談することもできません。

ニュースになるまで誰も助けてあげられなかったことがかわいそうで仕方ありません。

そもそも「しつけ」と「罰」の違いはなんでしょうか?

しつけとは、社会で生きていけるように規律や礼儀作法などができるように訓練することです。

あいさつをするように教えること、門限を守らせることなどがしつけになると思います。

一方の罰は道徳などに違反した場合に本人にとって不当かつ不快な扱いをすることです。

犯罪を起こして逮捕され刑務所に服役するなどが罰になります。

裁判官でもない限りは人を裁くことはできませんから、通常個人的に誰かに罰を与えることはないように思います。

あなたはもちろん虐待なんてしていないと思いますが、子供を叱っているとき、これは「しつけ」だと自信をもって言えますか?

決して「罰」ではないと言えますか?
こちら側から言えば「しつけ」だと思うことも、受けている子供の方からみたらどうでしょう?

「しつけ」だと思っているでしょうか?
私は、叱られている側が「どうしていけないことなのか?」をきちんと理解することができるような叱り方が「しつけ」だと思います。

なぜ怒られているのか?子ども自身が納得のいく叱り方をするように心がけています。

ときには、怒りのあまり感情的になってしまい、説明している言葉が子供にわかりにくい表現になっていたり、理論的ではないと、途中で気がつくことがあります。

ことによっては手を上げることもありますが、怒りに任せて手あげることにならないように気をつけています。

受けている子供が、怖さで叱られた事実だけが心に残ることのないようにするためです。

叱られたことだけ覚えていられても仕方がありません。

どうして叱られたのか?これからはどうしたらいいのか?を考えてほしいものです。

昔から観られている国民的なアニメでも「罰としておやつは抜きよ」という台詞がよく出てきます。

子供がやってしまったことへの「罰」なのでしょうが、受けている子供の方はそれで懲りている様子は全くありません。

つぎつぎといろんな叱られる原因を作り出します。

もちろん、そういった「罰」を与えてもまた繰り返すことが題材のアニメではありませんが、大人になってから観なおすと、子供の心理がよくわかってなるほどと思います。

叱られている子供の方が、親が愛情をもって叱ってくれていると思うような「しつけ」をしましょう。

親の思う通りにはならない。子どもは別の生き物

幼稚園や小学校の低学年までは比較的親のいうことをよく聞いていたのに、最近は全く聞いてくれない、となげくお母さんがたくさんいます。

親とは別の人格で生まれてくるので親の思い通りにならないのは当然なのです。

それでも幼いときまでは、お父さんやお母さんのいうことが子供の全てでしたから、素直に親の言いなりになっていました。

それが、成長して周りの世界が広がってくると、自我が目覚め、親と同じことや親に決められたことばかりをするのを嫌がります。

いくらお母さんがバレエを習わせたくてお教室に入れても、本人がつまらないと思えば続けることはできません。

せっかく必要なグッズも買ったのに、と思っているのもつかの間、ダンス教室にお友達と通いたいと言い出し、「今度はちゃんと続けるのよ」と約束したのに、また行きたくないと言い出してついにダンス教室もやめてしまった親子がいました。

子供がやめたいといえばやめさせるという、やや甘めな親ではありますが、お母さんが子供のときにバレエを習いたかったけれど叶わなかったこと、ダンスも続くのかな?との心配が適中してやっぱりやめてしまうこと、どちらも親の気持ちと子供の気持ちがすれ違っています。

中学校に入学して初めての部活選びの際には、「あなたは運動オンチだから美術部にしておきなさい」という親と、「バドミントン部に入りたい」という子供がいました。

結局親の思うとおりにはならず、(中学生なので当たり前と言えば当たり前ですが)バドミントン部に入部しましたが、なかなか上達せず、レギュラー入りはできません。

子供だってバドミントンが上手になって試合に出られることを夢に見て入部したに違いありません。

自分で体験して得た結果がどうであろうと、自分で決めたことですから納得がいくことになります。

もし、本当はバドミントン部に入りたかったのに、親の言うとおりに美術部に入っていたら、それなりに頑張っていい作品を作るかもしれませんが、自分で選んだわけではないので後悔が残ることでしょう。

何でも自分で決めたことには、たとえどんな結果になっても納得できますが、他人によって選ばれたことには結果が悪ければその他人のせいだと思ってしまいます。

私たち親は自分の子供には輝かしい未来が約束されていると思っています。

ですから、挫折しそうな、失敗しそうな事柄にははじめから関わらないように子供に回避させようとします。

親はこれまでの経験値や子供の素質から、「こうしたほうがいいよ」と提案するのですが、子供は経験していることではないので実感できず、「そらみたことか」という失敗をします。

親は子供を心配するあまり、何でも最短コースで楽なコースを提案します。

そっちのほうがお得だと思うからです。

でも子供には子供でやりたいことがあり、または心配されるようなことにはならず、成功するかもしれないと希望も持っているので親のいうことだけでは聞けないわけです。

いいことも悪いことも、子どもは親の鏡

朝、見支度をしていると女の子だったら鏡の前でお化粧をしている真似をしていることがありませんか?

幼い女の子にとってお母さんは憧れの存在で、「大きくなったらお母さんみたいになりたい」と、ほとんどの女の子が思います。

一方、男の子は「お母さんと結婚したい」と思う子が多いでしょうか。

お母さんの真似をするのは何も姿かたちだけではありません。

ご近所の人に対していつも明るく挨拶するお母さんのお子さんは、間違いなくちゃんと挨拶をします。

お母さんと一緒ではないときでもはずかしい気持ちを現わしながら、でも挨拶してきます。

お母さんがいつもしていることを真似ているのです。

お母さんが掃除好きだと、子供はおままごとでも「さあ、お掃除しますよ」と掃除の真似ごとをします。

お母さんの当たり前の行動として掃除がインプットされているのです。

いつも整理整頓している姿を見て、自分のおもちゃは自分で片つける努力をします。

ただし、いいことだけを真似してくれればいいのですが、悪いことも上手に真似します。

荷物で手がふさがっているからと言って足で戸を開けたりすると、何気ない所で真似したりします。

お友達の家でそんなことをされたらたまりませんね。

おならをすれば真似をしますし、あくびをすれば真似をします。子供は真似真似が大好きです。

人の真似をするのは遊びの一環なのです。

家族で見てみると笑い方や話し方がそっくりになってくることがよくあります。

遺伝のせい?もあるかもしれませんが、もともとは幼いころに親のしぐさを真似ていたからかもしれませんよ。

あと、真似してほしくない例として、お母さん同士で学校の先生にあだ名をつけたり、呼び捨てにしたりしていませんか?

お子さんは遊びながらでもお母さんたちの話題に興味津々ですから、学校で先生を呼び捨てにしてるかもしれませんよ?

まさか?とお思いでしょうが、実はよくあることです。

他の人の噂話もよく聞いているので、その人とばったり会ったときに思い出して話されたらたまったものではありません。

子供が聞こえる範囲での噂話はご法度です。

横断歩道を渡らず、近いからと言って道路を縦断する子供を注意すると「だってお母さんも渡ってたもん」と返ってきます。

きっと「今だけね」と言って横断歩道がないところを渡ったのでしょうが、子供にとっては「いつも今だけ」とも取れますし、「親がやっているものはいいんだ」と思っても仕方がありません。

もちろん、「お母さん駄目だよ」と逆に注意してくれるおりこうさんもいそうです。子供に注意されたら素直にやめようと思えますね。

とにかく、子供は親のいいところも悪いところももれなく見ています。

本当に「いつ見ていたの?」と思うほどです。

そして必ずといっていいほど真似をします。いいも悪いも子供にとって親は鏡です。

「あれは私の真似だわ」とわかるような悪いことを子供がしたら、もう真似されないように反省して、自分を正しましょう。

何気ない言葉に注意!親の機嫌に揺れる子どもの心理

子供って忙しいときに限って話しかけてきたりしませんか?

そんなときついついこちらも考えなしに適当な返事をしてしまったりします。

何気ない一言であって親の方は気にも留めていないことでも、子供にとっては傷つく一言だったりするので注意しましょう。

忙しいときによく言ってしまうのが、「今は忙しいから後で」ですよね。

「後でっていつだろう?」子供はそう考えて、いつかわからないから黙っていると、そのまま言いたかったことを忘れてしまいます。

その後、その言いたかったことが重要なことだった場合「なんでちゃんと言わなかったの?」となり、子供にとってはますますどうしたらよかったのかわからなくなるのは当然で、ただ叱られたことしか心に残りません。

親の機嫌によって叱られたことは、矛盾していたり、子供にも理屈ではわからないことでしかないので、叱られた理由より叱られたという事実しか心に残りません。

これが続くと大人の機嫌を伺うようになり、なるべく怒られるようなきっかけを作りたくないので、あまりお話をしなくなります。

子供なりに「今はお母さん機嫌が悪いから、きっと何を言っても怒られる」と察知するのです。

違う場面で、成績優秀なお友達に比べて成績が上がらないわが子に言ってはいけないことの代表は「○○ちゃんと比べて全然できないね」です。

勉強のことではなくても、容姿に関することでも、何かを誰かと比較するようなことは決して言ってはいけません。

子供にとっては品定めされて選ばれ
なかったという悲しい気持ちになります。

「それでやる気になってくれればと思って」という人がいますが、子供にはなかなかその真意が伝わらないと思います。

もっと単純に「○○ちゃんの方がかわいいと思っているんだ」と考えてしまいそうではないですか?

その点、学校の先生は「○○ちゃんよりお手伝いしてくれてありがとう」なんて、誰かと比較してその子をほめる事はしないでしょう。

誰かと比べなくても、「本人ができたことをほめる」と思います。

子供と話すときは、どんなに忙しいときでも感情に左右されず、ブレない回答ができるように心がけましょう。

同じ質問でもその都度の回答がまちまちだと子供はどうしたらいいのかわからなくなります。

また、親は子供の鏡ですから、都合が悪いときなどに適当な対応をしていると、それでもいいことだと思い、大人になってからも同じような対応をしたり、自分の子供への対応がわからなくなります。

うちの子は大丈夫!と言う方も、ご自分のお子さんに試しに「お母さんが機嫌が悪いときはわかる?」「そのときどうする?」と聞いてみてください。

自分では気がつかないほど些細な機嫌の変化を子供はちゃんと察知しているのがわかると思います。

だって子供にとっては一番大好きなお母さんですから、どんなことでも気になっちゃうものです。

そんなかわいい存在の子供を何気なくであっても自ら傷つけないように、発する言葉には十分に気をつけましょう。